なぜアルファツイッタラーはちやほやされなくなったのか?

わさらーわさらー
匿名クラブ 副会長

なぜアルファツイッタラーはちやほやされなくなったのか?

こんにちは。わさび農家のわさらーと申します。

最近本出しました。買ってね!笑 ↓
‪https://www.amazon.co.jp/dp/B01MXZ4GIO/

さて、最近アルファツイッタラーというものがいなくなっている・・・そんな気がしませんか?

それは気のせいではありません。

実際に現状、アルファツイッタラーというものはいなくなっており、
ちやほやもされなくなっているのです。

これ、はっきり言いまして、時代の流れが原因です。

その原因を分析してみました。

理由その1 Twitterが一般化した。

Twitterで本気を出して、面白いことをしようという人は、
Twitterがマイナーな存在である頃はほとんどいなかった。

その中でTwitterで面白いツイートをする存在であるネタクラスタやふぁぼ界隈は、比較的注目を集めやすかった。

今は誰もが面白いツイートをしようと努力しているし、
ほんのわずかな面白いツイートをするようなツイッタラーを追いかけるより、
そんじょそこらのアカウントの面白いRTを見る方が効率よく
面白いツイートに出会えるようになってしまったのだ。

理由その2 ツールが一般化した。

例えばパソコンを持ってるか持っていないか。
それだけで差別化されていた。
Twitterでまともな活動をしようと思うなら、
パソコンが必須だった。それがハードルになっていた。

さらに、配信をするならば、Ustの使い方及び
パソコンでの配信機材が必須だった。

今のように、誰もがスマホで配信ができるような環境は無かったため、
パソコンでUst配信ができるアルファツイッタラーはちやほやされたわけだ。

絵もそうだ。
絵を描くノウハウが共有され、簡単にうまい絵を描ける人が増えてきた。
スマホで絵が描けるようになってきて、さらにこれは加速するだろう。

わさらーも少し絵を描いてアップするだけでちやほやされたものだが、
理由その1で言ったとおり、Twitterが一般化したことで
絵師がほぼ例外なくTwitterをしており、その中で誰かが絵を描いてアップしたとしても
全く珍しいものではなくなってしまったのだ。

今のTwitterで珍しいことをしようと思っても、
人口がそもそも多いので、「珍しいこと」というものを見つけることができないし、
逆に昔のように自由気ままに低モラルな行動をしようものなら
日本人 お得意の社会浄化作用が働き、叩かれてその人は存在でできなくなってしまうのだ。

つまり、現Twitterで目立つということは、はてしなく難しくなってしまっているのである。

過去のTwitterであれば、人口が少なかったため、「みんながみんな知っているツイッタラー」というのが存在できたのだが、
今は人数が多すぎて、そのような現象は起こりえなくなってしまった。

結局、現実世界で有名な人しか、Twitterでは有名になれないのが現状なのです。

以上。

わさらー