初めて1万円するイヤホンを買ったら凄かった話。SHURE SE215 レビュー

おにじおにじ

高校生の僕は電車での登校中、アニソンなどを聴いている。退屈な時間も音楽があれば楽しい時間に変わるものだ。 僕は今まで、5000円以下の安いイヤホンばかりを使用してきた。それで十分だったから。
今までで一番いいと思ったイヤホンはAppleのEarpodsだった。純正でついてくる音質ではない。ゆっけ氏が紹介していたONKYO HF Playerを使えば尚更だ。(高校一年からこの組み合わせ)

しかし、僕は友達の熱烈なイヤホンの勧めにあった。

『1万円でいいイヤホンがある。いいイヤホンで聴くと全然違うぞ…』
高いなぁ。正直そう思ったが、僕はそのイヤホンを買ってみた。いや、買ってしまったと言うべきかもしれない。

SoundHouseさんで購入した今回の商品、『SHURE SE215』。今回はカラー黒の-Kを購入した。SHUREの中では本格的なイヤホンへの入門として作られているらしい。

パッケージ。 一般的なイヤホンの箱というイメージか。

パッケージ。
一般的なイヤホンの箱というイメージか。こちらは英語だが日本語のパッケージもある模様。

 

中身はこんな感じ。ケースが入っているのが親切さを感じる。またベルトやカバンに付けやすいようにフックも付いている。

中身はこんな感じ。ケースが入っているのが親切さを感じる。またベルトやカバンに付けやすいようにフックも付いている。

まず目を引くのはその本体のデザインだろう。
イヤホンのつき方が決定的に違う。

Earpodsと比べるとそのイヤホンのつき方の特徴が一目瞭然だ。

Earpodsと比べるとそのイヤホンのつき方の特徴が一目瞭然だ。

これがSHUREのイヤホンの特徴だ。
イヤホンの付け方が違うのだ。通称『SHURE掛け』とも言われるこの掛け方は、コードを耳の上にかけるようにしながら掛ける。そしてイヤホン本体を耳に押し込むような形で付ける。これがこのイヤホンの特徴、そして長所だ。
このイヤホンの長所、一つは、このSHURE掛けによって、イヤホンがズレないという事だ。僕は元々Earpodsを使用していたので、よくズレた。まぁ耳の穴に入りやすいとは言えない微妙な形だったというのもあるんだろうが。これは本当にズレない。しっかりとハマってくれる。
そして圧倒的な遮音性
元々ライブ演者などが使うイヤーモニターに似た形状をしているこのイヤホン。
耳の奥まで入るこのイヤホンは遮音性が圧倒的だ。電車などでうるさいおばさま等がいてもこれは大丈夫。全く気にならない。
遮音性が高いという事は音漏れもほぼ無い。特に元々からついているスポンジ型のイヤーピースはこの遮音性をより一層高めてくれているようだ。

試しにCOMPLEXのBE MY BABYを流してみた。迫力が段違いで、音質も良く、このイヤホンの良さを感じた。

試しにCOMPLEXのBE MY BABYを流してみた。迫力が段違いで、音質も良く、このイヤホンの良さを感じた。アフゥン!

コードがやたらと長かったり、コードが少しゴツいが、これは寿命が長そうだ。長く使うことができるだろう。

音楽はイヤホンで変わる。間違いなく変わる。
聴く物が変わるとここまで変わるのか。
素晴らしい音質と迫力。そして圧倒的遮音性。
1万円という本格的なイヤホンへの入門としては十二分なイヤホンではないだろうか。
勧められた友人にこのことを伝えると
『 よ う こ そ 』と返ってきた。
何かとんでもない世界の扉を叩いてしまった気がするが、このイヤホンは少し音質などを気にしたい…と考え始めたユーザーには是非にお勧めしたいイヤホンと言えるだろう。