2016年はVR元年になるのか?

すろにあすろにあ
匿名クラブ 会長 / Adect 編集長

FotorCreated去年、今年になってVRという言葉をよく耳にするようになりました。 最近ではコンシューマゲーム機の代表メーカーであるソニーからPlayStationVRも発表され、今までVRを知らなかった層にも認知されてきています。

VRを知らない人のために簡単に説明すると、立体に見えたり頭を動かすと視界も動くなどの機能を使って ゲームなどの世界がまるで現実のように感じられるというものです。(正確に言うと違うかもしれませんが簡単に説明するとこんな感じでしょう。)

さて、今年はVR元年となるのでしょうか。

私が思うには、今までよりはVRというものに触れる人は多くなるでしょうが爆発的な普及とまでは行かないのでは?と思います。

代表的なVRデバイスのOculus Riftの製品版の値段は約10万円、そして動かすには高スペックなPCが必要とまず特にVRに対してそこまでの情熱がない人には手を出しづらい価格です。HTC製のViveは約11万円 低価格で手に入りやすいとされていたソニーのPlayStationVRでもPS4とは別売で4万5千円と、どれも簡単には買えない値段ばかりです。

では2016年もVR界隈では変化がないのでしょうか?私は元年とは行かないまでも普及にどんどん近づいていく年なのでは、と思います。たくさんのVRデバイスが発表されソフトやゲームに関しても、メーカーがVRを視野に入れて開発されてきています。

まだまだ情報も出ていないのでどれが2016年のVR界隈を制するのか、と言われると一概には言えませんが日本で今年一番普及するのは今のところPSVRではないでしょうか、PS4に関しては今までに持っている人もいますし、値段に関しても一番手に入れやすく国産企業なので購入も容易でしょう。普及への土台がまだ整ってないVR界隈では、まずは手に入れやすさ というのが大きなキーポイントになるのではと思っています。

これからのVRでの盛り上がりが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です